生活環境の変化は自分を変えるために効果的

肥満は様々な病気を引き起こす大きな要因の一つです。

生活習慣病を引き起こす原因である肥満の危険性

生活環境の変化は自分を変えるために効果的 肥満は様々な病気を引き起こす大きな要因の一つです。基本的に人の身体は加齢とともに筋肉量や骨量が減っていくため、身体を支える力が弱くなっていきます。それに過度な体重が加わると、骨や関節への負担が大きくなってくるため、腰やひざなどに痛みが生じるようになり、関節傷害が生じやすくなります。更に、転倒したりして大きな衝撃を受けると骨折を起こす可能性も高くなります。また、肥満の状態は高尿酸血症により、通風を引き起こしたり、脂肪肝やすい炎などを促進したりもします。最悪の場合、突然死してしまう危険性もありますし、睡眠時無呼吸症候群の原因にもなるということが指摘されています。

そして肥満が最も関係しているのが、糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病です。更にこれらの病気が併発するメタボリックシンドロームとの関係も注目されています。肥満の状態を放置したままにすると、血液の流れが悪くなったり、傷つけてしまったり、硬くなってしまったりします。日本人は欧米人のように明らかな肥満体という人はあまりいませんが、小太りの人は少なくないため隠れ肥満の状態になっている人も意外と多くいます。加えて、日本人は元々、インスリンを分泌する能力が低い傾向があるので、少しでも太ると生活習慣病になりやすい体質なので、特に肥満には気を付ける必要があります。

おすすめ情報

Copyright (C)2019生活環境の変化は自分を変えるために効果的.All rights reserved.